中性脂肪量を減らすことを意識しましょう

中性脂肪が心配になってきたら、第一に体内に取り入れる中性脂肪量を減らすことを意識しましょう。

これには、中性脂肪を含む食べ物や飲み物をできる限り摂取しないことが求められます。

しっかり食事制限に取り組むことが難しいなら、甘さのあるお菓子や飲み物を減らすといった手軽にできる方法から入るようにしましょう。

皮下脂肪にすでに蓄えられた中性脂肪は、運動で減らすことができます。

中性脂肪に関しては、体が求めているエネルギーが足りなくなったときに燃やされる特徴がありますから、なるべくカロリーを摂り過ぎないようにしながら運動するのがポイントです。

ウォーキングやジョギングなど、それからサイクリングや水泳の有酸素運動が、中性脂肪をなくすために効率的です。

この他、肝臓で作り出される中性脂肪も減らすことが必要です。

原料となる糖質などを良い食生活で減少させ、アルコールの摂取量を抑えるのが有効です。

理由としては、アルコールが肝臓で分解が行われる流れで、中性脂肪の生成が補助されることが明確になっているからです。

そして、肝臓で生み出された中性脂肪が、血液の中に移動していくという機能を促進することも重要です。

血液の中に放出した中性脂肪については、脂肪酸への分解がリポタンパクリパーゼ(LPL)により行われて全身に届けられ、主に心臓などの筋肉で消費されます。

肝臓で行われるこの脂質代謝を加速することを意図して製造された、豊富なアミノ酸が含有されたサプリメントや健康食品が販売されています。

しかし適正な食事内容への変更や運動に取り組むことによる減少効果が得られなかったら、専門の医師に診てもらいましょう。

他の病気に原因している場合なら治療を先に行う必要がありますし、中性脂肪を薬物で減らすという療法もあります。

中性脂肪が気になったらイマークという中性脂肪を下げる作用がある特定保健用食品があります。


サイトマップ

Copyright © 2009 中性脂肪が心配になってきたら All Rights Reserved.