産休明けの仕事は保育園や託児所がないと難しいよね

2012年5月17日 by yamamoto | Filed under 未分類.

産後に仕事をする場合、自分のお母さんかご主人のお母さんが見てくれる人以外は、まずは預け先の確保が最も重要です。
最近では、保育園の入園を望む子どもに対して保育所の数自体が追いついておらず、入園出来ない子どもが増えて問題になっているのです。
保育園や認証保育所の申し込みを行える時期は、通常は11月以降から受付開始となっています。
申し込み用紙は、保育園の他に自治体の役所でも入手可能となっています。
保育園に入園できない場合や、夜間保育などを利用したい場合は、無認可の保育園に入園させることも検討しましょう。

無認可という言葉が付いていますが、行政による指示や検査を受けながら施設運営が行われています。
また、企業内に設置された保育所や保育ママという制度も施行されているようです。
保育が可能な曜日・時間、保育料・入園の条件などは、施設によって異なります。
産後はなかなか時間がとれないので、子どもを産む前に情報収集を済ませておくのが理想的です。
その他にも、保育園によっては入園申し込みを出産前に受け付けているところもあるので、希望する施設が見つかったら早めに手続きしましょう。
保育園を決める基準として、会社と保育園の距離が離れているよりも近い場所にある方が都合が良いことも多いようです。
他にも、いつも帰りが遅くなったり休日も出勤しなければいけない仕事の場合は、無認可の私立保育園のほうが便利でしょう。
なお、小さな子どもを出産後すぐに預けるのは寂しいと思われがちですが、そうでもないようです。
赤ちゃんも少し大きくなるとママと離れなければならないことを理解し、保育園で泣かれると辛いという話がよく聞かれます。

eナースセンター/ナースバンクだけで転職活動すべきでない理由 http://numazawa-kosanso.com/



Comments are disabled